ポポロ掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

無題 
ポポロクロイの新作がPS3で出るのが待ち遠しいです
はやくおねがいします
おか   投稿日:2010/04/06(Tue) 17:14  


次回作は 

うーん、確かに非常に待ち遠しいところではあるんですけど、今のところPS3での動きは残念ながらないみたいですね。
可能性があるとすればPSPになるんじゃないかと思います。もっとも「ゲーム」という小説でもよいので、媒体にこだ
わることなく新作プリーズ!という気持ちを抱えつつ、期待を込めてその日が来るのをずっと待ちます。
ぱぐ☆5匹   投稿日:2010/04/11(Sun) 23:15  

はじめまして。 
いつも(毎週のように)訪問させてもらっています。

ポポロはTからのファンで、新作をずっと待っております。
たまに他のゲームもプレイしていますが
やっぱりなんだか消化不良…。

ポケ○ンのように「新作を開発中」とでもニュースがあれば
いくらでも待てるのになぁ。(ここまで待ちましたので!)
と日々思っています。

これからもよろしくおねがいします。
のりあんぬ   投稿日:2010/03/30(Tue) 15:10  


Re: はじめまして。 

毎週お越しいただいているというのに全然更新できなくてゴメンナサイ。
次回作の情報は全くと言っていいほどありませんが、来年はポポロ1から15周年となりますから、節目と言うことで
何か動きがあるといいなぁと思っている今日この頃です。でも、今後一切何もない、ということは決してないと思って
いるので、来るべきその日が来るまでずーっと待ち続けようと思ってます。さながら忠犬ハチ公のように?!
ポポロ1から全作を振り返ってみるのも時にはいいものなのでオススメ!です。
ぱぐ☆5匹   投稿日:2010/04/05(Mon) 05:23  

ホワイトデー何にしようかな 
ぱぐなす日記をよんで、ホワイトデーを思い出しました;;
もらったらちゃんと返さなきゃ(汗)

それは置いといて、王様のおやつって人気ですね
梅田の阪神百貨店で列が出来るって聞きましたよ〜
おらはそれのホワイトラスク食べた事あります♪
白チョコのコーティングがしてあって美味しかったですよ
・・・ひめ(母)には不評でしたが(汗)
ゼロにゃん   投稿日:2010/03/08(Mon) 22:57  


王様のおやつ 

週末に少し早めのホワイトデーを迎えてなかなか好評でした。
名古屋にお店があって気軽に買えるようになるといいんですけどね。
少し前に東京に行った際、銀座の松屋で購入した時も結構並んでました。
バターの風味を味わうならプレーンのタイプなんでしょうけど、ホワイトチョコと普通のチョコのコーティングも両方お気に入りです。
ぱぐ☆5匹   投稿日:2010/03/13(Sat) 22:20  

ワンワンワン! 
↑またそんなタイトルかよ(^ω^;)・・・という自分のツッコミは置いといて
今回もいい犬ギャラリーでしたよ〜
ぶっさいくなのは自分の顔・・・いやいやいや(汗)
なんかパグだけ見に来てるみたいで申し訳ないです。
ゼロにゃん   投稿日:2010/02/23(Tue) 10:18  


Re: ワンワンワン! 

ありがとうございまーす。犬バカな飼い主としましては、愛犬の写真を楽しんでもらえたならそれが何よりも幸せなのでございますよ(笑
まあるい写真ばかりになってますが、本当はも少しフラットな顔なので、今度載せる時にはノーマル仕様も入れてみようと思います。
それにしても、犬ネタが多くてポポロ関係の更新を全然してないじゃん!と言われればそうなんですよね(汗
ぱぐ☆5匹   投稿日:2010/02/24(Wed) 20:13  

ふにゃ〜〜〜ワン! 
ドコに書いたらいいのかわからなくて、とりあえずここに書きました
1月24日のぱぐなす日記の写真見たらすごく可愛いパグの写真w
癒されますです
先月、真っ白いパグを見たんですよ〜あれもなかなか良かったです
・・・ってスイマセンそれだけです(^^;)。失礼しました〜
ゼロにゃん   投稿日:2010/01/25(Mon) 22:28  


ありがとうございまーす 

このなんとも言えない味わい深さと愛らしさがパグの魅力なんですよね。
「ぶっさいくな犬のどこがええのん?」という人も中にはありますが、まぁクサヤの干物みたいに
クセはあるけど好きになったらたまらないという中毒性のある犬だと思います。
もっとも2匹にしてみたら「クサヤと一緒にすなー!」と怒り出しそうな気もします(笑
白いパグは話には聞いたことあるんですけどまだ実物にはお目にかかったことがないんですよね。
もし我が家に白パグが加われば白・黒・茶のういろうのCMのような彩りが完成します。

・・・とそれはさておきごぶさたしてまーす。
ぱぐ☆5匹   投稿日:2010/01/26(Tue) 23:22  

「バルバラン」の語源について 
初めまして、ぱぐ☆5匹様、あけましておめでとうございます。のんたと名乗らせていただきます。
 拙い考えですが、ポポロクロイスU等に登場する、闇の意思、カオスの権化たるバルバランの語源について思った事を書きたいと思います。最初にバルバランと聞いたとき、頭の中で、英語のBarbarian/バーバリアン、つまり野蛮人という単語を連想しました。どうも、この言葉の語源はギリシャ語の「バルバロイ(複数形、単数形はバルバロス)」で、異民族、とか蛮族といった意味合いの言葉で、古代ギリシャ時代、ギリシャの北に住む民族の話す言葉が、バルバルバル、とギリシャ人には耳障りに聞こえることから名づけられたといいます。古代ギリシャ人は、世界を構成するものを「コスモス」と「カオス」に分けて考えていました。(なにやら某有名RPGのキャラバトルゲームのようですが・・・・)「コスモス」は宇宙における調和と秩序を(さしずめ光の意思デュオンという所でしょうか)、「カオス」は混沌や混乱、蒙昧や無秩序
 などを表し、この2者がせめぎ合って世界が在るとギリシャの人々は考えていたのです。
  ギリシャ人は、古代世界において比較的先進的で洗練された文明をもっている自分達をヘレネスとよび、コスモスの体現者と考え、自分達に刃向かう、ギリシャの周辺にいる非文明的な蛮族(ギリシャ人は傲慢にもそう考えていた)たちをバルバロイと呼んで、無知蒙昧で野蛮な連中、カオスの権化として軽蔑していました。つまり一種の中華思想のようなものです。
 古代社会は基本的に奴隷制でした。高度な文明を持った古代ギリシャは、それだけ大量に貴族や自由民の下で働く奴隷達を必要としました。そこでギリシア人達は、征服戦争で捕虜にしたバルバロイ達を奴隷として働かせることにして、社会を維持、発展させていきました。
 この構図は、古代ギリシャの文化や文明を吸収してより発達させた古代最強の国家、ローマ帝国に於いても同様でした。ローマ人たちはギリシャの概念であるコスモスとカオスの世界観やバルバロイを、自国を基準にして当てはめ、バルバロイとは、当時帝国と対立していたケルト人やゲルマン人の事と考えました。(中華思想で、モンゴル人や高句麗人などを指す東夷が、古代日本では東北の先住民に当てはめられたのと同様)ローマ人もまた、征服戦争で彼らを捕虜にし、奴隷にして低コストな労働力としてこき使ったり、戦争時には使い捨ての前衛兵などにしたのです。
 いわば古代ギリシャやローマの発展や繁栄は、自分達の先進的な文明を維持するには、自分達がカオスの権化と軽蔑しているバルバロイたちの働きなくしては成立しないという矛盾した、歪んだ社会の上に成立していたのです。
 しかし、そのような社会が長続きするはずはありません。ローマによってヨーロッパが統一され、征服戦争が起こらなくなると、異民族から奴隷狩りを行うことが難しくなり、奴隷が減少していきます(代りに雇われて主人のもとで働く使用人や田畑を耕す小作人が出てきます。)こうして、ローマの社会は斜陽に向かいます。最後には、自分達がバルバロイと呼んで軽蔑していたゲルマン人に攻め込まれ、国を乗っ取られ、高度な文明を誇り、世界に君臨していたローマ帝国は無残にも崩壊してしまいます。それは暗黒の中世の始まりでもありました。
 自分達が軽蔑していたものをあえて使用し、(ギリシャ人やローマ人に支配されて悲惨に奴隷扱いされていた人々を闇の意思にたとえ、呼ばわりするわけではありません。むしろそういった、高慢なギリシャ人やローマ人の心、人を道具としか考えない奴隷制にこそ、ポポロクロイスでいう「闇の意思」が潜んでいるのではないでしょうか?)歪んでいながらも高度な文明を築きあげるが、結局しっぺ返しを喰らって滅亡する、という構図は、レムリア文明に通ずるものがあるのではないでしょうか。
 深読みしすぎかもしれませんが、元ネタについてこんなことを考えてみるのもまた面白いかもしれません。なんだかポポロクロイスとは関係ない、自己満足なお粗末な歴史講釈のようになってしまいましたが、失礼をお許しください。
乱文、長文、大変申し訳ございません。皆様の一年が良い年になるように祈っています。
のんた   投稿日:2010/01/05(Tue) 01:43  


Re: 「バルバラン」の語源について 

明けましておめでとうございます。かように掲示板への書き込みが遅れたりしておりますが、ポポロに対する愛情は変わることなく抱き続けていますのでよろしくお願いいたします。

バルバランの語源ですがイタリアにバルバラン宮殿という建物がありますからこの辺りを探っていくと「バルバラン」の言葉に込められた意味が出てくるのかもしれませんね。イタリアにはピエトロ広場というポポロに関連した場所がいくつもあることですし。
イタリア語の語源を遡るには・・・どうしたものでしょう?

ポポロの世界で描かれる内容を、私たちの世界に当てはめて解釈するというのは非常に大切なことだと思います。人によっては「たかがゲーム」という人もいるでしょうが、「されどゲーム」です。何か物事を考えるきっかけについて、学校での勉強や本であるのはいいけれど、漫画やゲームであってはならない、というのはおかしな話ですからね。
そしてポポロという素晴らしき作品を「良かった、面白かった」で終わらせるのではなく自らの考え方や行動のあり方に反映させることができるのであれば素敵なことだと思っています。

今年がポポロにとっても何か動きのある1年になってくれるといいですね。
ぱぐ☆5匹   投稿日:2010/01/11(Mon) 22:04  


ちなみに 

http://www.myspiritual.jp/2009/12/post-932.html

上記のような本もあるので読んでみると面白いかもしれませんね。
ぱぐ☆5匹   投稿日:2010/01/11(Mon) 22:50  

あけましておめでとうございます。 
あけましておめでとうございます、2010年こそポポロの新作が出るといいですね。
何はともあれ、本年も宜しくお願いいたします。
風乃精霊   投稿日:2010/01/01(Fri) 10:55  


Re: あけましておめでとうございます。 

今年でPSP版ポポロが発売されてから早5年が過ぎますから、確かに動きが出て来てほしいものですが、果たして今年はどんな1年になることやら?
更新や掲示板への書き込みがめっきり遅くなってますが、地道に今年も活動していきますのでどうぞよろしく。
ぱぐ☆5匹   投稿日:2010/01/11(Mon) 21:49  

ピエトロの冒険 
はじめまして。
ポポロといえば、ピエトロが主人公と信じている世代です。
3Dになってからのポポロより、
2Dだったピエトロの冒険シリーズの新作を待ち望んでいます。

DSのおかげで、多くのRPG対象年齢が下がり(小学生中心)、
小さな画面でせせこましくゲームをするのも嫌だなぁと思う今日この頃。

大画面で思いっきりピエトロと冒険したいと思ってしまうのは、私だけでしょうか??

また画質のよい映像が多数入ったソフトが上質だとは思えないのです。
RPGって映像より、想像力を働かせて謎解きをしながら、
また経験値を積みながら、物語を進めていくものだと思っているのです。
だから、2Dのピエトロを復活させてほしいなぁと・・・・

ジルバちゃん   投稿日:2009/12/15(Tue) 21:43  


Re: ピエトロの冒険 

最近公開されている映画「アバター」が、映像と物語が素晴らしく融合して濃厚な世界を描き出す、という例もありますが、
だからと言って映像がいいからという理由だけで何でも素晴らしくなるというわけではないんですよね。映画にしてもゲーム
にしてもやはり映像を充実させる前に内容を充実すべきしょう。もっとも2Dか3Dかという点については方法論なので内容が
充実しているのであれば私としては手法は問わないです。もっとも、「ポポロであれば何でもいいんですか?!」と問われれば
「そのとーり!」と胸張って答える人の意見で大いに偏っているかもしれませんが。
ピエトロの物語にも、そしてピノンの物語にもまだまだ知りたいことがたくさんあります。もし、ポポロの世界に触れられるのであれば、
ゲームでも本でもどんな形でも構わないので、発売してほしいトコロです。
ぱぐ☆5匹   投稿日:2010/01/11(Mon) 21:43  

mixiに 
お久しぶりです。
こんばんは!
mixiを開いたら、ポポロが!!
と、びっくりして、投稿しました。
失礼しました。
RYO   投稿日:2009/11/06(Fri) 18:43  


Re: mixiに 

管理人さんの日記にも写真付きで紹介してありますね。
確かに、セカンドアニメの放送終了から5年もたっていますから、何かの前触れなのかも?!とひそかに期待してます。
アルウェン   投稿日:2009/11/08(Sun) 21:12  

初めまして 
こんにちわ!Makaといいます(・ω・)
私もポポロ大好きです!
よろしくお願いします!
Maka   投稿日:2009/09/18(Fri) 20:54  

| 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12| 13| 14| 15|
|
NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -